数が不十分な医療機関では

看護師の数が不十分な医療機関では、乏しい人数の看護師がすごい数の患者のケアをするという状況が現実で、従来の状況よりも看護師一人に対する業務量が急激に増えているのです。今の職場を辞めて転職するのだから、是非とも望みどおりの勤務先で働きたいでしょう。せめて、過去に雇用されていた勤務先とくらべてみて雇用の条件や環境が向上しないようでは、わざわざ転職した意味がゼロです。看護師専用の求人サイトをどこにするか迷ったら、一番にサイトの運営会社を調べるようにしてください。有名な大手企業でしたら、求人情報の数も抜群に多いし、プライバシー情報の管理なども万全です。

求人票を熟視しても、勤務先の雰囲気などはわかりません。看護師転職専門のエージェントならば、内部の人間のみ知る現場の人間関係とか雰囲気等々の貴重なデータや情報も用意されています。一般的に言って集合型求人サイトに関しましては、職務経歴書、もしくは履歴書の記録機能が付属されています。申し込みをする際に入力しておくだけで、病院側から声を掛けてもらう場合が出てくるわけです。さしあたり2、3社程度の看護師転職サイトに登録して、実際に利用した中で最も信頼できて、感じのいいアドバイザーに完全委任するというのが、完璧なスタイルではないでしょうか。在籍している状態では、求人者との面接の日程調整なども面倒です。転職支援企業にお願いすれば、あなたの条件を伝達するだけで、オススメの求人を素早く絞り込んでくれます。

「高知県医師会の「准看」養成校が閉校へ2017年度入学者限り」 より引用

1952年の設立以来、約6500人の准看護師を養成した高知県医師会准看護学院(2年制、高知市丸ノ内1丁目の高知市総合あんしんセンター3階)が、2017年度の入学生を最後に募集をやめ、2019年3月末で閉校する。正看護師を目指す人が増え、志願者が減少したことが …(続きを読む)

出典:https://www.kochinews.co.jp/article/46306/